検索

愛媛大学医学部の村上正基先生、川上良介先生と仁子助教の共同研究が ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA に掲載されました。

仁子研、および Dr. Andrey Klymchenko (ストラスブール大学)の研究室にて開発された ピレン色素、PK の新たな応用方法となっています。 https://doi.org/10.1267/ahc.20-00020

最新記事

すべて表示