検索

蛍光ソルバトクロミック色素とその細胞膜プローブへの応用に関する総説が The Journal of Biochemistry に掲載されました。

仁子助教とそのポスドク時代のボス Dr. Andrey Klymchenko 先生の共著です。

https://academic.oup.com/jb/article/170/2/163/6313169?login=true


最新記事

すべて表示

竹崎陽さん(M2)の研究が、Advanced Functional Materials にアクセプトされました!

愛媛大学大学院医学系研究科の今村健志教授、川上良介准教授、および山口大学大学院創成科学研究科の川俣純教授、鈴木康孝准教授との共同研究です。 https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/adfm.202010698 本研究では、世界で初めて、二光子蛍光顕微鏡によってマウスの脳深部(皮質~海馬領域)の血流観察に成功しました。本成果を活かすことで、脳高次機能